LINEチャットボット

 
ダウンロード

ほんわかLINEプロジェクトスタート

LINEチャットボット ブログ 0
コロナ禍でオンラインの繋がりが重要になってきています。
 
当社でLINEプロジェクトを開始しました。
 
コロナでなかなか会えない中、
それぞれの会社で様々な出来事が
起きていると思います。
 
そんな中、お会いする機会が少ない状況でも
LINEのアンケートで情報を共有頂き、
必要な情報を回答頂いた方に共有し、
接触がない状況でも
コロナ前の様に
ビジネスを進めることを目的にして
このプロジェクトを立ち上げました。
  
是非LINE登録後、アンケートで
事業について教えて下さい。
 
当社周りで紹介出来そうな企業や情報がある場合は
LINEでご連絡させて頂きます。 
 
▼ほんわかLINEアンケートに参加▼
ダウンロード
YA8snbrK

LINEチャットボット導入の3つのステージ、日本のDX化の問題点との共通点とは?

LINEチャットボット LINEチャットボットについて 業界毎実績/事例 0

今回はLINEのチャットボットの導入について、

本当に機能するLINEのチャットボットを使えていますか?

ということを皆さんに考えていただきたいと思います。

 

この記事を読んでいただいている経営者や企業の担当の方の中には

せっかくLINEの公式アカウントやチャットボットを導入したものの、

うまく機能していない

使いこなせていない 


そんな風に悩んでいらっしゃる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

実はLINEチャットボットの導入には3つのステージがあるのです。

まずはそれを知ることでLINEチャットボットを活用できる手がかりになればと思います。

 

c7Ohb8pa

 

LINEチャットボット導入の3つのステージとは

そもそもLINEのチャットボットとは何か。

皆さんは郵便局のLINEアカウントを利用したことがありますか?

 

郵便局のLINEチャットボットでは、

不在通知のQRを読み込んだら

自動で再配達の日程調整が完了できる仕組みを構築していますが、

それによって郵便局では人件費の大幅な削減に成功しています。

 

他にも、LINEチャットボットを利用することで、

たとえば200人くらいの会社の例で年間700万円、

大手のリコーさんでは、年間3000万円の経費削減を、

社内の問い合わせ業務を減らす事で成功させている例もあります。

 

このように、LINEチャットボットには、人間がやっていたことを自動化させ、

アンケート、会話、売り上げ分析、これらを自動化することで収益を上げるというメリットがあります。


しかし、多くの企業ではLINEのチャットボットを入れさえすればそれが実現すると思いがちです。

実はそれは大きな間違い。
今回お伝えしたいのは、LINEの導入には3つのステージがあるということです。

 

ステージ1:

LINEの公式アカウントを開設する。

1つ目はLINEの公式アカウントを会社として使っている状態です。
個別チャットがお客さんと出来るようになってすごく距離感が縮まって良い事だと思います。

ただ結局、そのやり取りを社員がする事で、時間(時給)発生してしまっています。

これがステージ1の大きな課題です。

 

ステージ2:

LINEチャットボットを導入する。

2つ目はLINEチャットボットというものが流行っているから、

ぜひ導入しようという話になって実際に導入してみた状態です。


ここで大きな壁として立ちふさがるのが、

せっかくLINEチャットボットを導入したものの、

導入したコストに対してペイ出来ているかという問題です。

 

ステージ2まで進んだ会社さんではこういった声をよく聞きます。

「導入したはいいけど宙ぶらりんになっている」

「導入したはいいけれど使いこなせていない」

 

LINEチャットボットの導入までが目的になっていて

実際の業務では改善の実感がなくて思い悩んでいる企業が多い印象です。

 

ステージ3:

LINEチャットボットによって業務フローが改善し、収益化している。

3つ目のステージは、

LINEチャットボットを導入したことで業務フローが改善されて成長し、

質疑応答などの接客の学習を毎月させて、

ちゃんと収益が増えている状態。

 

同じLINEチャットボットを導入している企業でも、

ステージ2と3ではまったく状況が違うということはぜひ覚えておいて欲しいです。

 

ステージ2では、ただツールを導入しただけ、

現場の人間が使いこなせていない、業務が改善されていません。

 

対して、ステージ3は

業務フローがしっかり改善されて

LINEチャットボットをツールとして活用しています。

 

自動化が稼働して業務フローが改善し、収益が発生し、

接客学習や成長を毎月実現できているというような状態です。

 

これによって短期的な利益だけではなくて

1年、3年、5年、10年と継続することで

大幅なコスト削減や収益増を達成することが可能なのです。


ほんわかではLINEチャットボットを導入した会社さんが

ステージ3を達成できるようにサポートやバックアップを行っています。

 

YA8snbrK

 

 

DX化とLINEチャットボット導入で陥りがちな落とし穴は似ている?

実は先日Yahoo!ニュースでも気になる記事が紹介されていました。

今、何かと注目を集めているDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進についてですが、

日本のDX化には3つの落とし穴があるというのです。

 

この問題は先程のLINEチャットボット導入の3つのステージのお話とも共通しているので、

一つずつ見ていきたいと思います。

 

【記事紹介】

DX化の真の狙いはライフスタイルブランドへの変革にあり

 


DX というのはデジタルトランスフォーメーションの略で

ITの浸透によって生活を良くしようという考え方です。

 

近年話題のデジタル庁も推進しているものなのですが、

この記事では日本企業のDX化が失敗する理由として次の3つが挙げられています。

 

①テクノロジーの導入に囚われている

DX推進ガイドラインによると、DXとは、“企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること。” と定義されている。一言で言うと、「企業の事業戦略においてデジタルの力を有効に活用し競争優位を確立する」ということだ。
しかし日本では、特にIT業界の間でDXという言葉が広まってきた経緯もあり、IT部門の変革、もしくはIT部門から他の部署に向けていかにデジタルインフラ・スキルを普及させていくのかという議論に終始しがちな印象がある。

 

続いて、テクノロジーの導入自体よりまずは下地となるカルチャーを作る、

組織としてスピーディーに対応できる能力を磨く事が必要だと書いてあります。

 

これをLINEチャットボット導入の問題に置き換えると、ツールを導入したら良いということではなく、

ちゃんと業務フローを分析する必要がある。

 

つまりステージ2ではなく、3の状態であることが必要だと考えられます。

 

②ソリューションにフォーカスしすぎている。

デジタル・トランスフォーメーションという言葉自体がソリューション提供側の視点と言えるが、ビジネスモデルの軸が「プロダクト」から「ユーザー体験」に変化している現代においては、ユーザー側の課題(Problem)を正しく捉えた上で、どのように解決していくか(Solution)を考えていくことが必要となる。

これもLINEの事例でいうと、LINEでお客さんと繋がることが出来たから、

と一方的な情報を送るのではなく、登録した人がどんな状態にあるかというのをちゃんと確認し、

ユーザーの視点をしっかりデータとして取得した上で発信することが重要になってくるということになります。

 

③DX化そのものが目的になってしまっている。

また、トップからの号令でDX推進を旗印に掲げている企業も少なくないが、トップダウンで進めること自体は悪いことではないものの、DX化はあくまで目的ではなく手段であることを忘れてはならない。

 

正にステージ2と3の話だと思います。
ツールを導入、つまりチャットボットを導入すること自体が目的になってしまうと、ステージ2で止まってしまう。

そうではなく、業務が改善されている状態を目指す必要があるのではないでしょうか。

日本のDX化で陥りがちな落とし穴はLINEチャットボットの問題にも当てはまりそうです。

目指していきたいのはLINEのDX化

 

今一度、LINEチャットボットの見直しや活用について考えていただきたいと思います。

 

 

 

 

LINEチャットボットを活用するには

ご自身の会社の状態がステージ1、もしくはステージ2であると気が付いたものの、

どうすればステージ3の状態を目指せるか分からない、

目指したいという方に一つ、当社での成功例をご紹介したいと思います。

 

I-4Betja

 

【ある学校法人の例】

この学校では、少子化により生徒数がどんどん減っていることもあって、

入学者数が減っていることに困っていました。

 

その為、入学者数を増やしたい、LINEの公式アカウントを使ってますという状態、

つまりステージ1の状態からのスタートでした。


LINE のアカウントを活用しようと、ホームページからLINE登録をした人に

「オープンキャンパスに来てね」というメッセージを職員さんがひたすら送り続けていました。

 

結果、7割の人がこの学校のアカウントをブロックしてしまいました。

理由は単純。

 

オープンキャンパスに関係のない人にまで案内を送っていたからです。


この時の学校内でのLINEの位置づけは告知ツールでした。

登録者は高校生、卒業生、在学生、保護者、関係者、色々いるにも関わらず一律で告知をしていました。

 

そこで当社がステージ3のLINEチャットボットを導入させてもらった結果、

ブロック率が改善して7割から、4割にまで改善したのです。

 

ホームページをリニューアルして綺麗にしたりもしましたが、

効果が大きかったのは、LINE登録の後に

「あなたは高校生ですか?保護者ですか?」

という質問が自動的に届くようになったことです。

 

ユーザーが「高校生です」というボタンを押したら

次は「A学科、B学科、C学科どれに興味がありますか?」

という質問が届きます。


B学科を選ぶとB学科に関する情報が届く。

 

その後は職員の方が対応することで学校と生徒さんとの距離感も近くなり、

朝でも深夜でも早朝でも365日24時間、

登録したらいつでもすぐにやり取りが出来るようになりました。

 

しかも、告知の内容ではなくて自分の知りたい情報が届くということで、

信頼構築と同時に見込みの入学者がリスト化出来て

入学者が実際に昨年より増えたという実績がありました。

 

LINEがスマホでも職員が返信できるコミュニケーションの一環になったと同時に、

データの取得も兼ねることで組織の抱えていた問題を解決する糸口になりました。


ツールを持て余すのではなく、きちんと活用できている良い事例だと思います。

 

ほんわかにLINEチャットボットの構築を依頼するメリット

LINEチャットボットの導入のステージ3を目指す企業さんに

なぜほんわかへの依頼をおすすめするかというと、

当社がLINEチャットボット構築の経験とノウハウを持っているからです。


創業からの九年間、メルマガの時代からLINEの時代へと

コミュニケーションツールが移り変わっていく中で、

その導入と向き合い続けてきた実績とノウハウがあるので、

導入の段階でつまづいてしまっている方から

思うように活用が出来ずに悩んでいらっしゃる方まで

幅広くお手伝いすることが出来ます。

 

一度構築したものは24時間365日資産として働き続けるので、

疲れたとか有休や産休など一切関係なく、

朝も夜も働き続け、かつ時給が2000円、3000円の社員ではなく

時給が100円、200円レベルのロボとして活用することもできます。


まだLINEを導入していない会社さんは

まず相談ベースでもお話を聞かせてもらいたいですし、

LINEは導入しているけれども本当にこれで良いのかなと

思っているような会社さんもまずはお気軽に状況をご相談いただければと思います。

 

DX化が叫ばれる昨今、

まずはLINEのDX化を目指すのであれば、

ぜひ一度当社の無料相談をご活用下さい。


当社の方から営業をすることはないので、

まずは状態を聞かせてもらって、もし当社のノウハウがお役に立てそうなら

状態を改善するお手伝いをさせていただければと思います。


ご相談は問い合わせフォームからでも、

ほんわかのLINEのチャットボットからも可能です。

 

せっかくですからぜひ試しに登録して当社のLINE チャットボットを体験してみて下さい。

 

nGvgG9cg

 

 

動画解説も是非ご覧下さい。

 

 

LINEチャットボットを体験しませんか?

 合同会社ほんわかのLINEを以下のQRコードから登録いただけます。24時間365日、0秒で返信しています。

ほんわかからLINEチャットボットを導入するメリット
✅8年間、自身のリストマーケティングから始まり、btocマーケティングで複数業界のシナリオを設計してきた代表 鈴木豪が、シナリオを直接構築
✅成約率を上げてきたシナリオのノウハウ提供
✅企画、構築、導入、運用、広告までワンストップで見ているので、数値改善案など、毎月のサポートが充実

 まずは、LINE登録でチャットボットを体験して頂き、LINEからお問い合わせください。

honwaka line登録.001

 

当社をもっと知りたい、と思って頂いた方のために紹介ページを作ってみました。

そちらもチェック指定ください。

ほんわか紹介ページは、こちら

242019420_4604714939579209_5982744266714300591_n

企業のLINEチャットボット導入、3つのステージ(動画紹介)

LINEチャットボット LINEチャットボットについて リードナーチャリング 0

企業のLINEチャットボット導入、3つのステージに関する

動画を紹介します。

 

LINEチャットボットを検討している

LINEチャットボットを導入したが、いまいち使いこなせていない。

成果が出せていない。

 

という方は、是非こちらご覧頂き

気軽に、当社お問い合わせフォームからご相談ください。

 

当社LINEにも是非一度ご登録ください。

 

登録は、こちら

4700675_s

顧客との関係構築が最重要に。デジタル顧客至上主義という、今の時代に必要なマーケティング戦略を取り入れるべき理由

LINEチャットボット サブスクビジネス構築 0

ビジネスで重要なものは何か?と聞かれたら、まず「商品」「顧客」を挙げる方が多いのではないでしょうか。

 

この二つ、「商品至上主義」「顧客至上主義」については、これまでにも色々と語られてきました。

 

そして今、いかに良い商品・サービスを売るかという商品至上主義の時代から、いかに多くの顧客、見込み顧客と良い関係を構築できるかという関係構築の時代へと世の中の流れが変化しています。

 

しかし、一口に関係構築と言っても労力がかかってしまう、コロナ禍で新しい人となかなか会えず見込み顧客が増えない……そんな悩みを抱える経営者の方も多いと思います。

 

そこで提案したい考え方が「デジタル顧客至上主義」です

 

デジタル顧客至上主義とはどういったものなのか。どうすればデジタル顧客至上主義を取り入れることができる?

今回の記事ではそんな疑問にお答えしていきたいと思います。

 

商品至上主義は終わったが、顧客至上主義にも弊害が……

 

4476724_m

 

商品至上主義とはそのままズバリ「良い商品・サービス」を第一とする考え方です。

 

良い商品さえあればそれが売れて利益が入ってくる。しかし、実際はそう上手くはいきません。

売り手が「この商品は完璧で最高の商品だ!」と満足のいく商品を市場にリリースしても、顧客がそれを求めていなければ売上や利益には繋がらないのです。

 

有名な逸話を一つ。

 

伝説の天才コピーライター、ゲイリー・ハルバートがあるセミナーで講師を務めた時、こう尋ねたそうです。

 

「ハンバーガーを売る店を開業するとします。一つだけ好きなものをあげると言われたら何が欲しいですか?」

 

この問いに、参加者は口々に秘伝のソースや立地、誰もが知るブランドなど「これさえあれば売れる!」と思う物を挙げます。

 

しかし、ゲイリー・ハルバートはそれら全てを与えたとしても、ただ一つの物さえあれば彼らに負けないと言いました。

「腹を空かせた群衆。これさえくれればあなた達には負けません」

 

このエピソードからは彼が「いくら優れた商品を持っていても、顧客がいなければビジネスは成立しない」と伝えたかったことが分かります。

 

満たすべきは売り手の欲求ではなく、顧客の欲求。

顧客が何を求めているのかに注目するところからビジネスをスタートするべきでしょう。

 

では、顧客の需要に注目した顧客至上主義が正解かと言うと、実は顧客至上主義も手放しで絶賛することはできないのです。

 

その理由は、日本企業の多くが持っている企業体質にあります。

顧客至上主義で知られる企業として、まず名前が上がるのはAmazon.com。

アマゾンの全てのルールは「Customers Rule!」という大原則からのスケールダウンで構築されており、倉庫の作業者に至るまでの全ての社員・スタッフに顧客至上主義を徹底しているのです。

 

Amazon.com の共同創設者、取締役会長であるジェフ・ベゾスが「アマゾンは地球で最も顧客のことを考える企業になる」と語ったとおり、アマゾンでは無駄な作業を省き、本当にお客様に必要とされ、求められている物に集中することを求められます。そのため、お客様の為にならないと判断された業務はすぐに排除されます。

 

このようにアマゾンは、顧客が何を求めているかにフォーカスをあてて拡大していった企業の代表と言えるでしょう。

アマゾンのような顧客至上主義では、お客様にとって満足の高い、使い勝手の良いサービスが展開されています。

 

しかし、日本で顧客至上主義を展開する場合、多くの弊害が起こっています。

過重労働や長時間の残業……顧客至上主義を掲げる企業が抱える問題の原因となっているのが、日本企業の「お客様第一主義」「おもてなし」の精神です。

 

一見、顧客至上主義と相性が良さそうに思えるこの考え方が、日本企業における顧客第一主義を歪めてしまっているのです。

アマゾンでは顧客至上主義を「仕組み」ととらえていますが、「お客様第一主義」や「おもてなし」は「仕組み」ではなく「善意」にあたります。

 

一度構築すれば世界規模でも通用する「仕組み」とは違い、「善意」は属人的で不確実なものです。

この「善意」が働いた結果、サービスを受ける側にとってはとても良いサービス、心地良いサービスを受けられるようになっていても、提供する側の負担が大きくなりすぎる結果を招いているのです。

 

アマゾンジャパンですら当日配送などによる宅配業者の長時間労働が問題になったことがあります。

アマゾンジャパンの立ち上げメンバーでもある佐藤将之氏は、これはアマゾン流の顧客至上主義の根本にある「仕組み」と日本企業の「善意」のミスマッチによって起きた問題ではないかと語っています。

日本企業の多くでは「仕組み」を整備する前から従業員に「おもてなし」を要求するため、結果として働く側の作業量が増える一方になるケースが非常に多いようです。

 

顧客至上主義を現状の日本企業で上手く機能させるのは少し難しいのかもしれません。

 

顧客との関係構築が最重要。デジタル顧客至上主義という、今の時代に必要なマーケティング戦略を取り入れるべき理由

 

4700675_s

 

・デジタル顧客至上主義とは

 

顧客至上主義をリアルで展開すると、提供する側の負担・負荷が大きくなりすぎて、機能させるのがとても大変です。

大企業はもちろん、中小企業ではさらに負担が大きくなり、利益が圧迫されることになるかと思います。

デジタル顧客至上主義は、デジタル上で顧客至上主義を貫く試みです。

 

デジタル接客を自動化させる、お客様にとって心地よいタイミングで生活リズムに合わせたデジタル上のサービスを展開する。

 

これがデジタル顧客至上主義が目指す形です。

 

・D2C(Direct to Consumer)、サブスクリプションとは  

今、D2C(Direct to Consumer)やサブスクリプションというサービスが市場に求められています。

D2C、つまり直接販売戦略では、ネット上で顧客に直接販売し、永続的で有意義な関係を築いていくことを目指していきます。

 

これによってリアル店舗を持たない身軽な状態でグローバルなビジネスを展開していくことも可能なのです。

 

サブスクリプション(サブスク)は、高額なお金を払って商品を保有するよりも、一定額でレンタルしていらなくなったら返す、もしくは一時的にサービスを利用して利用しなくなったら解約したいという顧客側の需要の変化に応えるサービスです。

 

現代では物も情報も目まぐるしい速度で更新されていきます。

そうした社会の中では、一度物を購入してしまうと、次に変化が起こった時に不要な物として生活を圧迫してしまうリスクが生まれます。

 

D2Cもサブスクリプションも出来る限り身軽でいたい、無駄を省きたいという現代人のニーズを反映したサービス形態だと思います。

 

企業のシステムや仕組みも同じのように思います。

一度大きな物を入れてシステム開発などをしてしまうと、それが機能する前に不要になってしまう……などといったリスクが大きくなります。

 

それよりも顧客のニーズを直接確認できる「見込み顧客リスト」を取得することで、需要を把握し、迅速に対応していくような体制を整える方がこれからのビジネスの鍵になりそうです。

 

しかし、それをマンパワーでやっていると今度は働く側の負荷が高くなってしまいます。

 

働き手も自分らしい生き方を求める人が増える一方、働き手の数は減っている現状ですと働き手の満足度も重要です。生産性の低い、御用聞きのような時間はカットしていかないと社員のモチベーションを保つことはできません。

 

そこで注目すべき考え方が、デジタル顧客至上主義です。

 

生産性の低い最初のお客様対応などはLINEのチャットボットなどで自動化させて、顧客も自分の好きなタイミングでデジタル接客を受ける事が出来る。これによって働き手とお客様の双方のストレスや負担を軽減していくことが可能です。高度でハイテクすぎるシステムは、現場側で使いこなせない可能性が出てきますが、まずはシンプルなチャットサービスを企業に構築するというステップから、デジタル接客の自動化を実現させてみてはいかがでしょうか。

 

・なぜ見込み顧客の獲得が重要か

見込み顧客の獲得が重要になる要因として、現在進められている広告規制の流れがあります。

Googleの広告の規制や、リターゲティング広告規制などの国の方針により、新規顧客へのアプローチが難しくなっているのです。最近ではアフィリエイターが逮捕された事件も記憶に新しいと思います。

消費者が質の高い情報を受け取れなくなる、という懸念からの方針なので悪い施策ではないのですが、広告が規制されてしまうと企業にとっては新規の方に認知される機会が減ってしまうことになります。

そのため、見込み顧客リストをいかに沢山持っているかということ、見込みのお客様といかに繋がりを構築するかで、自社の商品に興味を持ってもらえる方にアプローチする機会を持つことが重要になるのです。

この場合、見込み顧客リストはSNSのフォロワーやメールアドレス、LINEの友達数になると思います。

見込み顧客リストから自社の認知に繋げるにはSNSや自社サイトを充実させることが近道ですが、関係構築となると最も使われているツールであるLINEで繋がることが一番です。

ただし、あまり距離感が近くなりすぎるとブロックされてしまう可能性もあるので、運営については慎重に行うか、ある程度のノウハウのある相手と組んで戦略的に行うのが良いでしょう。

 

デジタル庁の創設、デジタルトランスフォーメーション

 

世の中全体が新型コロナウィルス(COVID-19)の影響で非接触をどんどん取り入れる動きにあるようです。

2021年9月に予定されている、社会全体のデジタル化を主導する官庁、デジタル庁の創設もその一つです。

最近ですと、デジタルトランスフォーメーションという言葉を耳にすることも多いのではないでしょうか。

デジタルトランスフォーメーションとは、

企業がビジネス環境の激しい変化に対応し、データとデジタル技術を活用して、顧客や社会のニーズを基に、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること(経済産業省「DX推進ガイドライン」より)。

を指し、スウェーデンのウメオ大学、エリック・ストルターマン教授による、ITの浸透が、「人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という概念です。

提唱されたのは2004年ですが、2010年代になってスマートフォンの普及や会社業務のデジタル化が進むと、デジタルトランスフォーメーションはより注目されるようになりました。

そしてコロナ禍の現在、いかに対面をせず、非接触でやり取りするかの課題を解消する手段としてデジタル化の流れが更に加速しています。そのため、デジタル上の接客の強化は、これからの企業にとって極めて重要な項目になってくるはずです。

しかし、あまり難しいことを最初からするのはお勧めできません。まずはLINEの運用や、LINEのチャットボットの活用など身近なツールから始めてみるのが良いでしょう。

 

少しずつ、デジタル接客を取り入れて、育てる

 

顧客の生き方、価値観がどんどん多様化する中、企業の側もそれに合わせた物を提供していくべきです。

私は、少しずつデジタル接客を取り入れて育てていくというのが、デジタル顧客主義的な考え方だと思っています。

いきなりシステム開発をして費用をかけるのではなく、まずはLINEの公式アカウントなど無料で始められる物から少しずつLINEを使ったお客様とのやり取りに慣れていく。

その次にLINEのチャットボットという物を取り入れ、運営側の負担を減らしながら顧客とのコミュニケーションを進めてみる。

導入した後は育てるという考え方で、いかに快適にしていくか、無駄やストレスをなくしていくかに注目しつつ、半年から一年かけてLINEのインフラを作っていくことを目的とします。

二年目以降はその仕組みを使ってLINEでのマーケティングを進めていけば、見込み顧客リストはどんどん溜まっていくと思います。

BtoCの業界の方はそうやって少しずつデジタル接客を育てていくと良いでしょう。

ほんわかのLINEでは、実際にLINEのチャットボットを体験できますので、まずはLINEを登録して、ご自身で体験してみていただくことをお勧めします。

また、弊社ではKURETEという一歩進んだサービスも展開しております。

KURETEでは、広告、漫画LP、LINEチャットボットまでワンストップ。仕組みだけを提供するサービスではなく、仕組みを作り、機能させ、売上が上がる。それが、会社の資産になるまで、併走します。

 

WEB集客にまで力を入れられていない。

頼れるパートナーと二人三脚で確実に売り上げを伸ばしていきたい。

 

そういった企業様の需要にもしっかりお応えしております。

LINEの導入に関しての相談や、KURETEについてなど、まずはLINEからお気軽にご連絡下さい。

line_f_btn1

 

まとめ

 

世の中が目まぐるしく動き、個人の生き方やニーズも変わっていく中で企業も変化を求められています。

顧客リストを取得し、顧客と一対一の会話で信頼を構築していく。営業がお客様と対面であって話すようにデジタル上でお客様と最初の会話をする。

これをLINEで自動的にしたりWEB上で自動的に行うことを取り入れるのが、デジタル顧客至上主義です。

システム構築のようにいきなり難しい事にチャレンジするのではなく、LINEのような無料ツールから少しずつデジタル顧客主義を育てていき、企業を拡大することをお勧めします。

まずは当社のLINEの自動接客をぜひ体験してみてください。

facebookとTwitterもたまに呟いているのでフォローお願いします。

 

フェイスブックページ

e06809b8bfc3c2d982f61b0606fffa2f

 

ツイッター

タイトルなし

 

4f675ab8240ab5a792388bdd814565ac

LINEチャットボットLINYの導入実績

LINEチャットボット LINEチャットボットについて ブログ 0

Linyを運営するソーシャルデータバンク株式会社とは?

ソーシャルデータバンク株式会社(本社:東京都港区、代表:伊藤俊輝)は2017年10月に創業しました。LINEなどのSNSをベースに営業支援やMA(マーケティング・オートメーション)の効率化を提案するサービスを展開し、LINE公式アカウントの代理店かつテクノロジーパートナーでもあります。

テクノロジーパートナーとしてのソーシャルデータバンク株式会社は、カスタマーケアの領域において業務の効率化やユーザーの満足度を向上することに優れています。

そんなソーシャルデータバンク株式会社が主力としているのが、LINEマーケティングツールLinyの開発、運営コンサル事業です。

・Linyの機能の詳細は→こちらへ

・Liny活用例の紹介は→こちらへ

 

Linyの導入実績

現在Linyの導入実績は3500社を突破!マーケティングや販売、不動産、ブライダル、コミュニティ運営や教育機関などあらゆる業種でLinyが活用されています。今後もますます導入が進んでいくことは間違いありません。

 

9fd70d3274d96810ddd0017d9cb7ce3b

 

省庁・各自治体におけるLinyの導入実績

Linyの導入実績は企業だけではありません。経済産業省や文部科学省、消費者庁といった省庁や2020年6月時点では26都道府県でLinyが導入されています。

たとえば2020年の3月にLinyの導入が発表された東京都では、東京都が運営するLINEアカウントの構築をソーシャルデータバンク株式会社がLinyを活用して全面バックアップすることで、最新の行政情報や手続き、コロナやオリンピック、防災に関する情報を手軽に受信できるようになりました。

LINEトーク画面のメニューをタップすると、行政に関する充実したコンテンツを手軽に受け取ることが出来ます。

東京都事例

同じく2020年6月にLinyを導入した金融庁のLINE公式アカウントでは、新型コロナウイルス感染症の影響による資金繰りやローンの返済などで困っている事業者・個人を支援するための情報を随時発信しています。

金融事例

コロナ禍における、行政からの正確な情報を早く確実に届けるためのツールとしてLinyがいかに注目されているか分かりますね。

 

Liny正規販売代理店、合同会社ほんわか独自のサービスをご紹介

4f675ab8240ab5a792388bdd814565ac

今後ますますの成長が見込まれる、チャットボットLiny。その将来性に注目し、販売代理店として名乗りを上げる企業も増えています。中にはNECやU-SEN NEXT GROUPといった大企業の姿も。合同会社ほんわかもその一社です。ほんわかは2021年2月にソーシャルデータバンク株式会社と正規代理店契約を締結。Linyの販売代理店となりました。

ほんわかを通してLinyを導入していただくと、他にはない4つのメリットがあります。

⓵初期費用49800円→0円

②8年間、自身のリストマーケティングから始まり、btocマーケティングで複数業界のシナリオを設計してきた代表 鈴木豪が、シナリオを直接構築

③成約率を上げてきたシナリオのノウハウ提供

④企画、構築、導入、運用、広告までワンストップで見ているので、数値改善案など、毎月のサポートが充実

Linyの導入を検討されている、興味がある経営者の方はぜひ合同会社ほんわかならではのサービスを体験していただければと思います。

ご相談・お申込みは下記のLINEより承っております。

※合同会社ほんわかは、Liny正規代理店です。

当社経由でお申し込みを頂くことで、初期費用0円キャンペーン実施中。

 

LINEチャットボットを体験しませんか?

合同会社ほんわかのLINEを以下のQRコードから登録いただけます。24時間365日、0秒で返信しています。

ほんわかからLinyを導入するメリット
✅初期費用49800円→0円
✅8年間、自身のリストマーケティングから始まり、btocマーケティングで複数業界のシナリオを設計してきた代表 鈴木豪が、シナリオを直接構築
✅成約率を上げてきたシナリオのノウハウ提供
✅企画、構築、導入、運用、広告までワンストップで見ているので、数値改善案など、毎月のサポートが充実

まずは、LINE登録でチャットボットを体験して頂き、LINEからお問い合わせください。

 

honwaka line登録.001

 

当社をもっと知りたい、と思って頂いた方のために紹介ページを作ってみました。

ほんわか紹介ページは→こちら

LINYマスター資料ほんわか (1)_page-0059

LINEチャットボットLINYで出来る事、LINY機能紹介

LINEチャットボット LINEチャットボットについて ブログ 0

LINE公式アカウントが抱える3つの問題

メールより到達率と開封率が高く、ユーザーとパーソナルなコミュニケーションを取ることも可能であるLINE。現在、多くの企業がマーケティングツールとしてLINE公式アカウントを導入しています。

しかし、通常のLINE公式アカウントには

未購入者や購入者といった属性を絞り込んでの送信はできず、一斉配信のみ。

属性を分けずに配信するとブロックが増えたり、従量課金でコストが上がる。

アプリ開発に比べると独自コンテンツが作りにくい

といった欠点があり、思ったような効果を実感できていない企業や経営者の方もいます。

せっかくのLINEを使いこなせていないのはもったいないですよね。

この問題さえ解決できれば、もっとLINE公式アカウントを営業・マーケティングに活かせるのに……と思っていらっしゃる方も多いかもしれません。

 

LINE公式アカウントの問題を解決するならLiny!

LINE公式アカウントが抱えていた3つの問題。それを解決するのがソーシャルデータバンク株式会社が提供するLINEチャットボットLinyです!

LinyはLINE公式アカウントの配信・運用・管理をサポートするツールです。

Linyを活用すると、顧客にとっては

・欲しい情報だけ届く!

・好きなタイミングで情報を取得できる!

企業にとっても

・ユーザーの反応率アップ!

・売上アップ!

・LINE運用業務の自動効率化

と良いことづくめなのです。

 

そもそもチャットボットとはどういうもの?

チャットボット(chat bot)とは「チャット」と「ボット」を掛けあわせた造語です。

チャットは主にインターネット上でユーザー同士がリアルタイムで会話をすることで、私達が日常的に使うLINEもチャットアプリに分類することができます。

ボットはロボットの略称で、何度も繰り返す同じ処理をプログラムにして自動化したシステムのことをボットと呼びます。

チャットとボットの機能を合わせた「チャットボット」は2016年にFacebook社やLINE社が開発者向けに公開したプラットフォームがきっかけとなって普及していきました。Linyもチャットボットの一つです。

チャットボットを活用することでカスタマーサポートの人手不足の解消や24時間365日の対応による顧客満足度のアップなどのメリットが見込めるため、現在では様々な企業がチャットボットを利用しています。

 

Linyの3つの強みとは?

Linyには3つの強みが存在します。

顧客それぞれの嗜好に合わせた配信で反応率がUP!

顧客情報を自動で収集。管理・分析が簡単に

自動効率化運用費用が大幅軽減

つまりLinyは最小限のコストで、顧客一人一人に最大限の販促効果を発揮するのです。

LINYマスター資料ほんわか (1)_page-0059

 

Linyにはどんな機能があるの?

Linyでは一体何が出来るのか。その機能の一部を紹介いたします。

・自動ステップメッセージ

お客様の興味と関心の度合いに応じて、フォローアップの流れを自動でステップメッセージを配信します。

・リッチコンテンツの配信

テキストメッセージだけでなく、画像や音声、動画などのメディアも配信可能。

・顧客管理

店舗利用履歴を把握したり、会員ランクやポイント機能をつけることも可能。

・自動応答機能

自動応答機能と時間指定応答を組み合わせ、顧客対応メッセージの自動化や効率化。

・1to1のメッセージ管理

全ユーザーとのメッセージのやり取りを一覧表示。対応漏れ防止機能や対応履歴の一覧表示、タグ機能で友達が多くても検索・管理が効率的に。

・各種分析

アナリティクス機能でフォロワー数遷移が分かり、CV機能でアクセス解析や広告タグを組み込むことが可能。

この他、名前の自動挿入機能やボタンパネル機能、自動短縮URL機能、などLinyにはさまざまな機能が搭載されています。

LINYマスター資料ほんわか (1)_page-0060

・機能の詳細へ→https://line-sm.com/function/

 

Linyの導入費用は?

導入に関しての費用も、月額5000円~と低額から始められて、LINEAPIツールの運用コストは他社と比べても多機能で格安です。

LINE公式アカウントさえあれば30分で運用を始められ、チャットや電話でのサポートも充実しているので、パソコンに不慣れな方でも安心して導入することができます。

※合同会社ほんわかは、Liny正規代理店です。

当社経由でお申し込みを頂くことで、初期費用0円キャンペーン実施中。

ご相談、お申し込みは以下当社LINEからお願いします。

 

LINEチャットボットを体験しませんか?

合同会社ほんわかのLINEを以下のQRコードから登録いただけます。24時間365日、0秒で返信しています。

ほんわかからLinyを導入するメリット
✅初期費用49800円→0円
✅8年間、自身のリストマーケティングから始まり、btocマーケティングで複数業界のシナリオを設計してきた代表 鈴木豪が、シナリオを直接構築
✅成約率を上げてきたシナリオのノウハウ提供
✅企画、構築、導入、運用、広告までワンストップで見ているので、数値改善案など、毎月のサポートが充実

まずは、LINE登録でチャットボットを体験して頂き、LINEからお問い合わせください。

 

honwaka line登録.001

 

当社をもっと知りたい、と思って頂いた方のために

紹介ページを作ってみました。

ほんわか紹介ページは→こちら

 

LINYマスター資料ほんわか (1)_page-0055

LINEを使うメリット

LINEチャットボット LINEチャットボットについて 0

そもそもLINEとは?

LINEは2011年6月にサービスを開始したLINE株式会社提供のSNSです。現在、世界230カ国以上の国と地域で利用されています。

日本でのユーザー数は8000万人。

これは大手動画共有プラットフォームのYouTube(4924万人)や主要SNSであるInstagram(1800万人)、Twitter(4000万人)やFacebook(2600万人)を遥かに越えた数字であり、LINEは国内ユーザー数№1のSNSと言えるでしょう。

LINYマスター資料ほんわか (1)_page-0054

 

LINEはどんな人が使っているの?

日本におけるLINEの月間アクティブユーザーは8000万人以上。これは日本のネット人口の9割以上にあたります。そのうち毎日LINEを利用しているユーザーは86%。

性別では男女比はほぼ半分ずつ、年齢や職業も幅広く、様々な属性の人々がLINEを利用しています。もはやLINEはただのSNSを超え、日本国内の「生活インフラ」として定着しているのです。

LINYマスター資料ほんわか (1)_page-0055

 

なぜ企業はLINEを利用するべきなのか?

これまで企業が顧客への情報を届けたい、という場合はメールを使用した「メルマガ」が一般的でした。しかし、LINEの普及によって、メールは情報の伝達ツールの王座から陥落してしまいました。この記事を読んでいる方の中にも「もうプライベートではメールはほとんど使わない」「未読メールが山のように溜まっている」という方は少なくないのではないでしょうか?

一方的にメッセージが配信されるメールは、情報を配信しても顧客に興味を持ってもらえません。企業としても顧客のアクションが確認出来ないので、必要な情報が届いているのか分らないまま情報を送り続けなくてはいけない、といった労力がかかります。

しかし「LINE公式アカウント」を開設することでこの問題を解決することができます。

LINEなら、届く!つながる!売れる!

開封率が高く、視覚的に魅力的なメッセージを送れるなど、売上につながりやすいのです。

これが企業がLINEを利用するべき最大の理由です。

LINYマスター資料ほんわか (1)_page-0056

 

LINE公式アカウントの課題

「LINE公式アカウント」の開設は開封率の点で言っても今すぐ取り組むべきでしょう。しかし、「LINE公式アカウント」には運用面でのいくつかの課題があります。

・相手を絞り込めず、一斉配信のみ

・沢山の顧客の情報を管理・分析できない

・自動化できず顧客対応の人手不足に

これらの課題を解決するのがLINEチャットボットLinyです。次回からはLinyの魅力的な機能や成功事例をご紹介いたします。

※合同会社ほんわかは、Liny正規代理店です。

当社経由でお申し込みを頂くことで、初期費用0円キャンペーン実施中。

ご相談、お申し込みは以下当社LINEからお願いします。

 

LINEチャットボットを体験しませんか?

合同会社ほんわかのLINEを以下のQRコードから登録いただけます。24時間365日、0秒で返信しています。

ほんわかからLinyを導入するメリット
✅初期費用49800円→0円
✅8年間、自身のリストマーケティングから始まり、btocマーケティングで複数業界のシナリオを設計してきた代表 鈴木豪が、シナリオを直接構築
✅成約率を上げてきたシナリオのノウハウ提供
✅企画、構築、導入、運用、広告までワンストップで見ているので、数値改善案など、毎月のサポートが充実

まずは、LINE登録でチャットボットを体験して頂き、LINEからお問い合わせください。

honwaka line登録.001

当社をもっと知りたい、と思って頂いた方のために紹介ページを作ってみました。

ほんわか紹介ページは→こちら

45543847_1978886778855616_3080687175637925888_n

LINEチャットボット活用実績「ファッション業界」売上2.5倍を実現!パーソナルスタイリスト Fashion IQ様

LINEチャットボット 業界毎実績/事例 0

Fashion IQ 代表 勅使河原 祐子様

45543847_1978886778855616_3080687175637925888_n

https://www.fashion-iq.com

 

業界

パーソナルスタイリスト
 

実施内容

パーソナルスタイリストの普及活動に関して、ステップメールを利用されていました。お客様が個人で企業を目指す一般女性が多いため、メールだと反応があまり良くないという点で課題を抱えていらっしゃいました。
LINEのチャットボットを導入されていましたが、反応率があまり期待通りの数字を得られていなかった。
当社が、シナリオの設計をさせて頂き、LINEチャットボットの再リリースをしたところ、数字が改善出来ました。以下、お客様の声を頂いたのでご紹介させて頂きます。
 
 

お客様の声

反響や売上に直接的な効果があり、大満足。
 
ほんわかさんにサポートいただいたLINEチャットボットのシナリオを活用したところ、
LINE公式アカウント登録者からの反響が
毎日のように来るようになりました。
 
売上も2.5倍になりました。
 
他にお世話になっている、自社のサービスを自動サブスク化したサービスへの導線も
よりスムーズになりました。
 
シナリオを変えることで
売上や反響獲得率が変わるとは驚きでした。
ありがとうございました!

 

※合同会社ほんわかは、LINEチャットボットLINYの正規代理店です。

 LINYは、警視庁、東京都をはじめ、各省庁、26の地方自治体などにLINEチャットボットを導入実績がある大手LINEチャットボットツールです。

当社経由で申し込みをした場合、初期費用0円キャンペーン中。

希望される場合は、以下のLINEから

「個別相談」のお申し込みをお願いします。

 

LINEチャットボットを体験しませんか?

こちらからほんわかのLINEをご登録ください。

24時間365日、0秒で返信しています。

 

honwaka line登録.001

 

 


当社をもっと知りたい、と思って頂いた方のために

紹介ページを作ってみました。

ほんわか紹介ページは、こちら