ブログ

 
original (1)

講座・研修のサブスク自動化サービスを始めて3年経過

サブスクビジネス構築 ブログ 事業部/実績 勉強会 0
自力で講座を販売、
終了しては新規を獲得、
を繰り返し疲れ気味な起業家のためのサービス。
 
最初は僕のために作った仕組みでしたが、
それをサービス化して3年が経ちました。
 
振り返ると、
 
・売上が2千万超えた女性起業家
 
・労力が3年前の1/3になった方
 
・会員がゼロから100人を超え、もうすぐ200名になりそうなコミュニティが2社
 
・海外進出を計画され、予定通り海外進出に近々行く方
 
・社員1万人規模の大手向けの研修に形を変え、展開させた方
 
・ずっと夢だった不労収入を2年半受け取り続けている方
 
・コロナで訪問出来ず売り上げが立たなかったが、全国に毎月の会員が出来た方
 
色んな形でサブスクサービスを構築され、継続されています。
 
自社のサブスクサービスの一番の魅力は
時間が経つほど、収益が上がること。
 
個別勉強会も実施しているので、
興味を持って頂いた方は
気軽にご参加くださいませ。
 
▼自社サービスをサブスク自動化するための個別勉強会▼
 
 

サブスクの解説動画

 
ダウンロード

ほんわかLINEプロジェクトスタート

LINEチャットボット ブログ 0
コロナ禍でオンラインの繋がりが重要になってきています。
 
当社でLINEプロジェクトを開始しました。
 
コロナでなかなか会えない中、
それぞれの会社で様々な出来事が
起きていると思います。
 
そんな中、お会いする機会が少ない状況でも
LINEのアンケートで情報を共有頂き、
必要な情報を回答頂いた方に共有し、
接触がない状況でも
コロナ前の様に
ビジネスを進めることを目的にして
このプロジェクトを立ち上げました。
  
是非LINE登録後、アンケートで
事業について教えて下さい。
 
当社周りで紹介出来そうな企業や情報がある場合は
LINEでご連絡させて頂きます。 
 
▼ほんわかLINEアンケートに参加▼
ダウンロード
DSC_9091

元モー娘。石黒彩さんからインタビューして頂きました(カンパニータンク誌 取材)

ブログ メディア 0

バナー1

カンパニータンクという経営者雑誌の

インタビューを受けました。

 

石黒彩さんのお話しも伺い、

元々ロックシンガーを目指していたが、気付いたらモー娘。になっていたり、

ママとしてアイドル復活して、色々苦労があったり。

 

良い経験をさせて頂きました。

 

良ければ、こちらご覧ください。

合同会社 ほんわか様

DSC_8993 DSC_9088 DSC_9091

ウェブの記事は、こちら

当社の詳細は、こちら

アプリ制作

システム開発 /アプリ開発実績

システム/アプリ開発 ブログ 事業部/実績 0

当社のシステム開発、アプリ開発の実績をご紹介します。

 

制作の定義: 決まったものを作る

開発の定義: 決まっていないものを作る

 

 


#1 WEBアプリ開発 / 整体業界

目的

会員管理

仕様 

プログラミング言語:PHP、 DB:MySQL  サーバ:AWS、 独自フレームワークを採用

内容 

従業員数名で、1万人のサービス会員を保持していた。

業務が多忙になりすぎており、会員の拡大が難しくなっていた。

従業員数は変えずに、会員数1万人が、5万人に増えても対応可能な業務効率化のシステムを作りたい、

という要望を受け、以下を開発。

・会員管理システム(紹介者管理、組織管理図)

・会員用HP作成ツール

・メルマガ管理システム

 

業務の効率化、人件費を増やさずに収益増を実現出来た。

 


#2 iOSアプリ制作 / 整体業界

目的

会員管理

仕様 

プログラミング言語:JavaScript、 React Nativeを利用

内容 

 

#1納品後、会員にとってより快適な環境を提供したい

という要望を受け、以下を制作。

・通知用スマホアプリ

・会員管理システムの機能追加

 

iphoneユーザーの会員様に、プッシュ通知が届くようになった。

 


#3 androidアプリ制作 / 整体業界

目的

会員管理

仕様 

プログラミング言語:Javascript、 PWAとして開発

内容 

#1納品後、会員にとってより快適な環境を提供したい

という要望を受け、以下を制作。

・通知用スマホアプリ

・会員管理システムの機能追加

 

androidユーザーの会員様に、プッシュ通知が届くようになった。

 

 


#4 システム開発 / カメラ業界

目的

マッチング(カメラマンと個人)

仕様 

プログラミング言語:PHP、 DB:MySQL、 サーバ:AWS、 独自フレームワークを採用

内容 

撮影して欲しい人と、アマチュアで写真やってる人のカメラマンをマッチングするWebサービス。

サイト内でデータ受け渡し、支払いまで全て出来るシステムを開発。

予約成立、撮影、個人支払い、納品完了後、サイトからカメラマンにお金が入る仕組み。

 

 


#5 システム開発 / 人材業界

目的

マッチング(スキルがある人材と、求人募集の企業)

仕様 

プログラミング言語:PHP、 DB:MySQL、 サーバ:AWS、 独自フレームワークを採用

内容 

求人サイトとほぼ同じシステム。

スキルや能力を持っている人材と、こういう人材を探してますという企業をマッチングするサービス。

エンジニアなど、転職希望者や、就職先を探している人にとって、サイト上で求人募集の企業が探せるようになった。企業としては、人材が欲しい時に人材探せるようになった。

金銭のやりとりは一切発生しない。メッセージもサイト上でやりとりするわけでもなく、マッチング成立時点で、連絡先がわかる様になるので、あと自由に連絡をとって頂く仕組み。

 

 


#6 WEBアプリ開発 / コワーキングスペース業界 (開発中)

目的

マッチング(会員同士)

仕様 

フレームワークとしてLaravel6を使用、 想定ユーザ数が比較的小規模のためサーバは通常のレンタルサーバを想定

内容 

入居者が埋まってきたので、継続率上げる目的でビジネスマッチングアプリ作りたい。現在全てスタッフのマンパワーでマッチングをしている。アプリ開発でスタッフの負担を減らし、会員の交流を自動化させ、継続率を伸ばす。

 

 


#7 システム開発 / 人材業界

目的

求人検索サイト

仕様 

プログラミング言語:PHP、 DB:MySQL、 サーバ:AWS、 フレームワークLaravel6を採用

内容 

サイト上で、企業からの求人情報が一覧で見ることが出来る。地域、職種、年収などの検索条件で企業を絞ることが出来、求人の応募まですることが出来るようになった。

 

 


#8 システム開発 / 教育業界

目的

eラーニングサイト

仕様 

プログラミング言語:PHP、 DB:MySQL、 サーバ:AWS、 独自フレームワークを採用

内容 

購入者限定で見れる、有料動画サイト。

会員種別毎に設定された料金を、月額課金。会員種別毎に、学習系の動画の視聴範囲が決まる。動画見たあとは、サイト内でメモを残せるようになっている。

ユーザーは、例えば動画no.1 – no.10のうち、どこまで見たか、など学習の進捗度が分かる。各自自分で進捗を管理しながら学習動画を見ることが出来る。

 

 


#9 システム開発 / 出張サービス業界

目的

出張サービスの運営側用管理システム

仕様 

プログラミング言語:PHP、 DB:MySQL、 サーバ:AWS、 独自フレームワークを採用

内容 

HP、店舗経営者向け売上機能、給料管理機能がある。

電話回線の情報 CTIシステムによって、電話回線と、サイトが繋がっている。予約の電話がかかった時、もし電話相手がリピート客の場合、電話中に顧客管理システムにある顧客データからその人の情報が表示される。着電時に、相手が新規かリピートかがわかる。

 

 


#10 ECサイト制作 / 美容、健康、飲食業界

目的

ECサイト

仕様 

プログラミング言語:PHP、 DB:MySQL、  サーバ:レンタルサーバ、 EC-CUBE2,3,4利用経験有り。

内容 

ECキューブを使って、オリジナルで綺麗なデザインのECサイトを制作。

美容業界、健康業界(サプリなど)、飲食業界で制作実績有り。

 

 

見て頂き、ありがとうございました。

 

アプリ開発、システム開発に関してお気軽にご相談下さい。

問い合わせは、こちら

 

当社に少しでも興味を持って頂けた場合は

詳しい紹介ページは、こちら

 

Facebookページでも情報発信をしていますので、

是非フォロー下さい → こちら

1e75aeb106d1686ab2c3f3f226a82bcf

小規模事業者持続化補助金で、最大100万円 (135万円発注時)キャッシュバック!

お役立ちコラム ブログ 0

5302de15455cf4eb48d3ff812f55f4a0

 

補助金のパートナーが出来ました。

全国の中小企業で

WEB集客や売上をどうにかしたい。

でも、資金が大変。

という方向けに、

KURETEというサービスも展開しています。

 

資金は補助金が使える可能性が高いです。

 

相談受付中。

 

是非一度、こちらからご相談ください。

 

▼画像をクリックして、詳細ページを見る▼

1e75aeb106d1686ab2c3f3f226a82bcf

4497197_l

総額表示義務化のこと知ってますか?2021年4月1日までにEC事業者も含め早めの対応を!

お役立ちコラム 0

2021年(令和3年)4月1日から「総額表示義務」が施行されます。

これは消費者に対して商品の販売、役務の提供などを行う場合、いわゆる小売段階の価格表示をする時に義務付けられたもので、スーパーや小売店などのお店だけではなく、インターネット上における取引(ECサイト)も含まれます。

この記事を読んでいらっしゃる方にはネット上で自分のお店を持っていらっしゃる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

今回は気になる「総額表示義務」について解説いたします。

4497197_l

 

そもそも「総額表示」ってなんだろう?

 

国税庁のホームページによれば

「総額表示」とは消費者に商品の販売やサービスの提供を行う課税事業者が、値札やチラシなどにおいてあらかじめその取引価格を表示する際に、消費税額(地方消費税額を含みます。)を含めた価格を表示することをいいます。

国税庁ホームページより引用)

とあります。

簡単に言えば、不特定かつ多数の者に対して(つまり一般消費者、お客さんのことです)チラシや値札などに表示する価格を本体価格と消費税を合わせた金額で表示することを「総額表示」といいます。

2021年(令和3年)の4月1日からは店頭やチラシ、新聞・テレビによる広告、ホームページなどすべての媒体で商品の値段をこの「総額表示」にすることが求められます。これを「総額表示義務」といいます。

 

なぜ「総額表示」を義務化する必要があるの?

 

これまでの税抜き価格での表記だと、お客さん(消費者とします)が商品を購入しなければいけない場合、会計まで実際に自分が支払う金額が分かりづらかったり、お店(事業者とします)によって税抜き・税込みの価格が混在していることで同一商品の価格の比較がしづらいといったケースがありました。

そこで事業者の価格表示を全て税込にする「総額表示」を適用することで消費者の不便を解消しようといったコンセプトから平成16年4月1日から事業者から消費者にあらかじめ価格を表示する場合には税込価格(地方消費税額も含みます)を表示することが義務付けられました。

これによって消費者は自分がいくら支払わなければいけないのか正確に把握することができますし、価格比較もしやすくなります。つまり「総額表示義務」は消費者の側に立って作られたルールと言えるでしょう。

 

なぜ今になって「総額表示」が話題に上がっているの?

 

平成16年4月1日から義務付けられていたはずの「総額表示」がなぜ今になって話題になっているのでしょう。

実際にお店やインターネット上の商品を見てみましょう。

 

・○○○円(税抜き)

・○○○円(税抜き価格)

・○○○円(税別)

・○○○円(税別価格)

・○○○円(本体)

・○○○円(本体価格)

・○○○円+税

・○○○円+消費税

 

値段の表示は必ずしも「総額表示」になっていませんね。なぜそれが許されているかというと総額表示義務には「消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税の転嫁を阻害する行為の是正等に関する特別措置法(消費税転嫁対策特別措置法)」が適用されているからです。

「消費税転嫁対策特別措置法」第10条に基づいて、特例処置として「現に表示する価格が税込価格であると誤認されないための措置」(誤認防止措置)を講じていれば「総額表示」ではなくても大丈夫なのです。

この特例ができた背景には二度の消費税引き上げがあります。

総額表示が義務付けられた2004年(平成16年)の消費税は5%でしたが、その後2014年(平成26年)4月には8%、2019年(令和元年)10月には10%と消費税が段階的に引き上げられました。

総額表示の義務化の点でいえば、消費税が変わればレジの税率変更に加えて値札や印刷物の変更が必要となってしまい、二度ともなれば大変な労力や混乱が生じます。

そういった消費税率変更に伴う事業者への配慮として、2013年(平成25年)10月1日に施行されたのが、前述した「消費税転嫁対策特別措置法」です。

しかし、この「消費税転嫁対策特別措置法」には適用期間があります。

つまりあくまで猶予期間です。

2021年(令和3年)3月31日を以て「消費税転嫁対策特別措置法」の適用期間は終了し、4月1日からは完全に義務化されることになります。そのため総額表示義務化の話題が再び関心を集めているのです。

 

「総額表示」はどう表示すれば良いの?

 

では4月1日からはどのような価格表示をすれば良いのでしょう。財務省のホームページによれば税込み価格10,780円の商品の場合は以下のようになります。

 

・10,780円

・10,780円(税込)

・10,780円(うち税980円)

・10,780円(税抜き価格9,800円)

・10,780円(税抜き価格9,800円、税980円)

・9,800円(税込10,780円)

 

税込価格が明瞭に表示されていれば、消費税額や税抜き価格を併せて表示することも可能です。

ここでのポイントは税込価格が明瞭に表示されていれば、の一文です。

たとえば

 

・本体価格が大きく目立つように表示されていて、税込価格が小さく表示されている。

・本体価格と税込表示の間にスペースが大きく空いている。

 

など消費者が総額を誤認してしまうような表示方法は「総額表示」として認められませんので注意しましょう。

総額表示

 

「総額表示義務」には例外もある!

 

「総額表示義務」については例外も設けられています。

たとえば「100円ショップ」の名称について。

これは価格の表示ではなく「100円ショップ」という屋号として考えられるため、店名を変えたりする必要はありません。

ただし店内の商品の価格については「総額表示」での掲示が必要になります。

同じように「一万円均一セール」のような販売促進イベントについてもそのままの名称を使用することが出来ます。

また、「総額表示義務」の対象は「不特定かつ多数の者」(消費者)に対してなので、見積書や請求書、製造業者や卸業者が小売店や業務用ユーザー向けに作ったカタログや事業者の間での事務用機器販売といった事業者間取引は対象外となります。

メーカーが商品カタログやパッケージに表示する「希望小売価格」も消費者に対しての価格表示でないため「総額表示」の対象外になります。

ただし、希望小売価格を自店舗の小売価格にする場合は「総額表示義務」の対象になるので、税込み価格を表示しなければなりません。

しかし、たとえば会員制のスポーツクラブやディスカウントストアなど限られた(不特定かつ多数の者ではない)会員が取引相手であっても、対象となる会員を一般から広く集めている場合はやはり「総額表示」が義務化されるので注意が必要です。

このように「総額表示義務」と一口に言っても例外や疑問が沢山出てきます。財務省のホームページには「総額表示に関する主な質問のページ」が設けられていますので、不安な場合は一度目を通しておくと良いかもしれません。

 

2021年4月1日までに何をすれば良いの?~ECサイト編~

 

ECサイトを運営している場合、ECサイトの表示価格の変更は第一です。

それに付随してダイレクトメールやサイト上、チラシや動画配信サービスなどに広告を出しているのであれば、広告媒体の掲示についても「総額表示」への変更が必要です。実店舗も展開しているのであれば値札や棚札の表示も忘れずに変更しなければなりません。

ただし、「総額表示」が義務付けられるのは「購入の決定をするための媒体」とされています。そのため、ECサイト上のみでの商品の展開であれば、消費者が購入の決定をするためのECサイト上の価格が「総額表示」であれば、実際に消費者のもとに届く商品の値札が税抜き表示になっていても大丈夫です。

ECサイトを運営していらっしゃる方の中には商品登録、受注や在庫の管理、発送など日々の業務に追われて「総額表示義務」の対応まで手が回らないと思っていらっしゃる方もいるかもしれません。

今のところ総額表示義務に違反したからといって罰則はありませんが、総額表示義務は消費課税事業者に対して国が定めた義務です。2021年3月31日までに忘れずに対応しましょう。

 

最後に

 

「総額表示義務」は、消費者が買い物をする中で、価格の勘違いが起きたり、価格比較ができないといった不便な点を解消するため、値段の表記を統一して利便性を上げようという試みです。

事業者にとっては事務的な手間は増えてしまいますが、価格表記の上でのトラブルの防止や消費者側から積極的な価格比較がされることで自店の商品を選んでもらう機会が増えるかも、といった前向きな考え方も出来ると思います。

ギリギリではなく、今からでも対応を始めることをお勧めします。

 

参考サイト

 

4f675ab8240ab5a792388bdd814565ac

LINEチャットボットLINYの導入実績

LINEチャットボット LINEチャットボットについて ブログ 0

Linyを運営するソーシャルデータバンク株式会社とは?

ソーシャルデータバンク株式会社(本社:東京都港区、代表:伊藤俊輝)は2017年10月に創業しました。LINEなどのSNSをベースに営業支援やMA(マーケティング・オートメーション)の効率化を提案するサービスを展開し、LINE公式アカウントの代理店かつテクノロジーパートナーでもあります。

テクノロジーパートナーとしてのソーシャルデータバンク株式会社は、カスタマーケアの領域において業務の効率化やユーザーの満足度を向上することに優れています。

そんなソーシャルデータバンク株式会社が主力としているのが、LINEマーケティングツールLinyの開発、運営コンサル事業です。

・Linyの機能の詳細は→こちらへ

・Liny活用例の紹介は→こちらへ

 

Linyの導入実績

現在Linyの導入実績は3500社を突破!マーケティングや販売、不動産、ブライダル、コミュニティ運営や教育機関などあらゆる業種でLinyが活用されています。今後もますます導入が進んでいくことは間違いありません。

 

9fd70d3274d96810ddd0017d9cb7ce3b

 

省庁・各自治体におけるLinyの導入実績

Linyの導入実績は企業だけではありません。経済産業省や文部科学省、消費者庁といった省庁や2020年6月時点では26都道府県でLinyが導入されています。

たとえば2020年の3月にLinyの導入が発表された東京都では、東京都が運営するLINEアカウントの構築をソーシャルデータバンク株式会社がLinyを活用して全面バックアップすることで、最新の行政情報や手続き、コロナやオリンピック、防災に関する情報を手軽に受信できるようになりました。

LINEトーク画面のメニューをタップすると、行政に関する充実したコンテンツを手軽に受け取ることが出来ます。

東京都事例

同じく2020年6月にLinyを導入した金融庁のLINE公式アカウントでは、新型コロナウイルス感染症の影響による資金繰りやローンの返済などで困っている事業者・個人を支援するための情報を随時発信しています。

金融事例

コロナ禍における、行政からの正確な情報を早く確実に届けるためのツールとしてLinyがいかに注目されているか分かりますね。

 

Liny正規販売代理店、合同会社ほんわか独自のサービスをご紹介

4f675ab8240ab5a792388bdd814565ac

今後ますますの成長が見込まれる、チャットボットLiny。その将来性に注目し、販売代理店として名乗りを上げる企業も増えています。中にはNECやU-SEN NEXT GROUPといった大企業の姿も。合同会社ほんわかもその一社です。ほんわかは2021年2月にソーシャルデータバンク株式会社と正規代理店契約を締結。Linyの販売代理店となりました。

ほんわかを通してLinyを導入していただくと、他にはない4つのメリットがあります。

⓵初期費用49800円→0円

②8年間、自身のリストマーケティングから始まり、btocマーケティングで複数業界のシナリオを設計してきた代表 鈴木豪が、シナリオを直接構築

③成約率を上げてきたシナリオのノウハウ提供

④企画、構築、導入、運用、広告までワンストップで見ているので、数値改善案など、毎月のサポートが充実

Linyの導入を検討されている、興味がある経営者の方はぜひ合同会社ほんわかならではのサービスを体験していただければと思います。

ご相談・お申込みは下記のLINEより承っております。

※合同会社ほんわかは、Liny正規代理店です。

当社経由でお申し込みを頂くことで、初期費用0円キャンペーン実施中。

 

LINEチャットボットを体験しませんか?

合同会社ほんわかのLINEを以下のQRコードから登録いただけます。24時間365日、0秒で返信しています。

ほんわかからLinyを導入するメリット
✅初期費用49800円→0円
✅8年間、自身のリストマーケティングから始まり、btocマーケティングで複数業界のシナリオを設計してきた代表 鈴木豪が、シナリオを直接構築
✅成約率を上げてきたシナリオのノウハウ提供
✅企画、構築、導入、運用、広告までワンストップで見ているので、数値改善案など、毎月のサポートが充実

まずは、LINE登録でチャットボットを体験して頂き、LINEからお問い合わせください。

 

honwaka line登録.001

 

当社をもっと知りたい、と思って頂いた方のために紹介ページを作ってみました。

ほんわか紹介ページは→こちら

LINYマスター資料ほんわか (1)_page-0059

LINEチャットボットLINYで出来る事、LINY機能紹介

LINEチャットボット LINEチャットボットについて ブログ 0

LINE公式アカウントが抱える3つの問題

メールより到達率と開封率が高く、ユーザーとパーソナルなコミュニケーションを取ることも可能であるLINE。現在、多くの企業がマーケティングツールとしてLINE公式アカウントを導入しています。

しかし、通常のLINE公式アカウントには

未購入者や購入者といった属性を絞り込んでの送信はできず、一斉配信のみ。

属性を分けずに配信するとブロックが増えたり、従量課金でコストが上がる。

アプリ開発に比べると独自コンテンツが作りにくい

といった欠点があり、思ったような効果を実感できていない企業や経営者の方もいます。

せっかくのLINEを使いこなせていないのはもったいないですよね。

この問題さえ解決できれば、もっとLINE公式アカウントを営業・マーケティングに活かせるのに……と思っていらっしゃる方も多いかもしれません。

 

LINE公式アカウントの問題を解決するならLiny!

LINE公式アカウントが抱えていた3つの問題。それを解決するのがソーシャルデータバンク株式会社が提供するLINEチャットボットLinyです!

LinyはLINE公式アカウントの配信・運用・管理をサポートするツールです。

Linyを活用すると、顧客にとっては

・欲しい情報だけ届く!

・好きなタイミングで情報を取得できる!

企業にとっても

・ユーザーの反応率アップ!

・売上アップ!

・LINE運用業務の自動効率化

と良いことづくめなのです。

 

そもそもチャットボットとはどういうもの?

チャットボット(chat bot)とは「チャット」と「ボット」を掛けあわせた造語です。

チャットは主にインターネット上でユーザー同士がリアルタイムで会話をすることで、私達が日常的に使うLINEもチャットアプリに分類することができます。

ボットはロボットの略称で、何度も繰り返す同じ処理をプログラムにして自動化したシステムのことをボットと呼びます。

チャットとボットの機能を合わせた「チャットボット」は2016年にFacebook社やLINE社が開発者向けに公開したプラットフォームがきっかけとなって普及していきました。Linyもチャットボットの一つです。

チャットボットを活用することでカスタマーサポートの人手不足の解消や24時間365日の対応による顧客満足度のアップなどのメリットが見込めるため、現在では様々な企業がチャットボットを利用しています。

 

Linyの3つの強みとは?

Linyには3つの強みが存在します。

顧客それぞれの嗜好に合わせた配信で反応率がUP!

顧客情報を自動で収集。管理・分析が簡単に

自動効率化運用費用が大幅軽減

つまりLinyは最小限のコストで、顧客一人一人に最大限の販促効果を発揮するのです。

LINYマスター資料ほんわか (1)_page-0059

 

Linyにはどんな機能があるの?

Linyでは一体何が出来るのか。その機能の一部を紹介いたします。

・自動ステップメッセージ

お客様の興味と関心の度合いに応じて、フォローアップの流れを自動でステップメッセージを配信します。

・リッチコンテンツの配信

テキストメッセージだけでなく、画像や音声、動画などのメディアも配信可能。

・顧客管理

店舗利用履歴を把握したり、会員ランクやポイント機能をつけることも可能。

・自動応答機能

自動応答機能と時間指定応答を組み合わせ、顧客対応メッセージの自動化や効率化。

・1to1のメッセージ管理

全ユーザーとのメッセージのやり取りを一覧表示。対応漏れ防止機能や対応履歴の一覧表示、タグ機能で友達が多くても検索・管理が効率的に。

・各種分析

アナリティクス機能でフォロワー数遷移が分かり、CV機能でアクセス解析や広告タグを組み込むことが可能。

この他、名前の自動挿入機能やボタンパネル機能、自動短縮URL機能、などLinyにはさまざまな機能が搭載されています。

LINYマスター資料ほんわか (1)_page-0060

・機能の詳細へ→https://line-sm.com/function/

 

Linyの導入費用は?

導入に関しての費用も、月額5000円~と低額から始められて、LINEAPIツールの運用コストは他社と比べても多機能で格安です。

LINE公式アカウントさえあれば30分で運用を始められ、チャットや電話でのサポートも充実しているので、パソコンに不慣れな方でも安心して導入することができます。

※合同会社ほんわかは、Liny正規代理店です。

当社経由でお申し込みを頂くことで、初期費用0円キャンペーン実施中。

ご相談、お申し込みは以下当社LINEからお願いします。

 

LINEチャットボットを体験しませんか?

合同会社ほんわかのLINEを以下のQRコードから登録いただけます。24時間365日、0秒で返信しています。

ほんわかからLinyを導入するメリット
✅初期費用49800円→0円
✅8年間、自身のリストマーケティングから始まり、btocマーケティングで複数業界のシナリオを設計してきた代表 鈴木豪が、シナリオを直接構築
✅成約率を上げてきたシナリオのノウハウ提供
✅企画、構築、導入、運用、広告までワンストップで見ているので、数値改善案など、毎月のサポートが充実

まずは、LINE登録でチャットボットを体験して頂き、LINEからお問い合わせください。

 

honwaka line登録.001

 

当社をもっと知りたい、と思って頂いた方のために

紹介ページを作ってみました。

ほんわか紹介ページは→こちら

 

dtp_category_image_3

リスティング広告実績好調

WEB広告 ブログ 事業部/実績 0

dtp_category_image_3

当社広告事業部にて、

リスティング広告運用実績が好調な取引先が出てきました。

 

リスティング広告からの新規見込客獲得数が

半年間連続で上がり続けています。

 

広告運用時に重要な数字の一つに、

クリック率があります。

 

そちらは、普通1.5%で良いとされていますが、

そこでは8.5%まで上がっています。

 

注目すべきは、

数字が好調なので広告予算を上げていくのですが、

広告予算を上げると、クリック率は下がる傾向にあります。

 

しかし、そこでは広告予算を上げたにもかかわらず

クリック率は広告予算を上げる前よりよくなりました。

 

広告運用している会社はイメージ出来るかと思います。

 

この影には、毎月キーワード測定や

数字分析からの、施策を実施し続けている、というのは

もちろんあります。

 

今年も数字を伸ばせるよう研究続けます

 

広告の相談は、こちら

screencapture-nitobebunka-jp-2020-12-10-11_05_32

新渡戸文化短期大学様のHPを制作しました

WEB制作 ブログ 事業部/実績 0

screencapture-nitobebunka-jp-2020-12-10-11_05_32

依頼内容

HPを今風のデザインにしたい。

自分たちで更新しやすい、使い勝手の良い形にして欲しい。

オープンキャンパスに沢山来て頂ける様にして欲しい。

 

お客様の声

ほんわか社に依頼したHP、結果的に満足でした。
理由は、製作費が安価であったのと、
ワードプレスで、リアルに当校内での変更が可能となった点です。
実際に資料請求の数も、以前より増えました。
 
今回の制作依頼で以下の点が、改善されました。
デザインが良くなった。
HPの動きも良い。
SNSとの連動が可能となった。
ランニングコストが安価になった。
 
ほんわか社の強みは、
製作費が安価であることと、
制作依頼から、納品までの速さにあると思います。
 
 
新渡戸文化短期大学のHPは、こちら
 
 
その他
ほんわかHP制作実績は、こちら