オンラインスクール

会社員をしながら、副業を開始した伊藤裕さん(山口県在住)の変化


社会人サークルToToNoKA様からのご紹介で、

自分のビジネスをデジタル化して、利益を出すまで自動化出来る

ビジネスモデルが構築できるオンラインスクール「ビジたま」に

参加頂いた、山口県在住の伊藤裕さんの紹介をさせて頂きます。

 

 

デジタルで自動化のイメージ図

20190516111404

 

このイメージで、ピンときた方は、

こちらから詳細を確認頂き、

無料説明会にご参加下さい。

 

more-or500

 

 

参加前インタビュー

質問1 ビジタマに参加した理由は?

伊藤さん: 
自分のノウハウにて稼ぐため
 
 
ほんわか:
 自分のノウハウは、実績や経験が増える程、増えますが、
それが実働による収入になると、忙しくなり続けて
自分の時間がなくなるという現象が起きます。
早い間に、デジタル化をして、デジタル上で自分の代わりに
働いてくれるものを構築する事をオススメしています。
ビジたまでは、それが8ヶ月で出来るようになります。 
 
 
 
質問2 ビジタマに期待する事は?
伊藤さん:
自分がまだ見つけていない自分の才能を発掘する為、自分の能力を知ること。
ほんわか:
開発者の鈴木も、今の事業をして7年目になるけど、
7年前の会社員時代ではどれもなかったスキルばかりでした。
ビジたまでは、才能の発掘、能力を知る、
こうした工程もあります。
是非色々と取り組んでみて頂けると嬉しいです。
 
 

 

参加後のコメント

ビジたま参加後、伊藤さんは積極的に取り組みをして頂いています。
まだ参加して2ヶ月目ですが、途中経過をこちらにシェアします。
 
ビジたまでは、2日に一度、動画講義を見た後に、
アウトプット、という形で自分の考えを
発信してもらいます。
 
これをする事で、学びが深まり、
ゴールに近づいていくことができます。
 
 
■ビジたま参加 1日目
質問3 全体像と進め方、のアウトプット
 
伊藤さん:
自己分析・他己分析などで、自分、自分の願望、強みを知り、自分のオリジナルコンテンツを知ることが必要だと分かりました。自分のビジネスを、具体的に始める方法が解ると思いました。
 
ほんわか:
当社では、アナログな会社員時代から、
今では上場企業のデジタルコンテンツ導入による
顧客の問い合わせ獲得のコンサルティングをしている
代表が、ビジたまを作っています。
こうして、一つ一つして頂いていることは
代表の鈴木がしてきたステップです。
これらをすることで
最終的には、経済的自立、時間的自立を目指せる設計図にしているので
これからも着実に実践して頂けたらと思います。
 
 
 
■ビジたま参加 5日目
質問4 心構え3 自信120%で商品を生み出す、のアウトプット
 
 
伊藤さん:
行動や考え方を変更して自信をつけると、それが生み出す商品にも影響を与えることに納得できました。 動画は繰り返し見ることで、見落としている言葉を知ることになりますね。
配信される情報を、確実に理解出来る方法がわかりました。 
 
 
 
ほんわか:
自信は、最初私自身もないですし、むしろリンクの意味をセミナーで手をあげて聞くぐらいの
IT音痴でしたので、マイナスモチベーションからのスタートでした。
繰り返し動画を見る、見落としている言葉を知る。
これは、今後もこのスタンスでリサーチ、学び、実践を繰り返すことで
むしろ、気づいたら、副業マーケットでは、凄い人だと思われ始めたり
実力がついて、ビジネスしやすい状況になれるかもしれません。
このスタンス、とても大事だなと思います。
 
 
 
 
■ビジたま参加 21日目
質問5 強み発掘 3 自己分析がなぜ必要か、アウトプット
 
伊藤さん:
毎週末、今週留学生が学習するテーマを作成しています。試験合格をターゲットに勉強意欲が出てくる物を考えて作成しています。
結果、合格者が出たら、それをコンテンツ作成に活かせると考えています。
 
 
ほんわか:
徐々に具体的になっていっているかと思います。
今までと違う結果を得るには、今までと違う行動をするしかない
と思っています。
では、日々忙しい中その今までと違う行動をどうすれば出来るか。
それを追求した結果、2018年、社員を雇用し作り上げた
ビジたまのプログラムで実現させた、
2日に1つの動画講座(1-10分程度)
インプットして、アウトプットする
1日10分程度の時間を使う、という結論にたどり着きました。
参加者が実践し、実現させる為に作り上げたので
この様に、着実に前進して頂けるのは本当に嬉しいです。
 
 
 
 
■ビジたま参加 41日目
質問6 強み発掘 13 好きなこと、アウトプット
 
 伊藤さん:
 「本当に好きかは行動してみないとわからない。」
ですが、これは即ち「INPUT」に対する「OUTPUT」ですね。
聞いて、頭の中だけに留めず、行動する「OUTPUT」で初めて理解できると思っています。

実際、教室でも課題を与えられて、直ぐ行動する人達は、上達が早いです。更に分からない事を積極的に質問してきます。
実際の留学生達の行動を、私の手本にしてコンテンツ作成をしたいです。
 
ほんわか:
見込み顧客像がはっきりしているので、コンテンツもはっきりしてきました。デジタル商品を作った後のイメージが出来ると、行動が加速します。
ここまで下準備が出来てくると、作るのは意外とすぐです。
コンテンツを作る為には、作り方はすぐに出来る。
一番大事なことは、この様に、日々、それを買う人は
どういう人か、どういう悩みがあり、どういうことに価値が感じるか
「どれだけ相手のことを考えられたか」
ここになります。
伊藤さんは、その大事なことを着実に実行出来ている印象を受けています。 
 
 

これからがすごく楽しみだなと思っています。

 

今後も、応援しています。

 

ビジたまは、

喜ばれながら稼ぐ

個人を増やし、個人の自己実現を通じて

社会貢献を目指しています。

 

その為に代表の経験を

オンラインプログラムに詰め込み

自分のデジタルコンテンツで、

お客様に喜ばれながら稼げる個人を増やすことを

目指しています。

 

 

ビジたまに関して、

詳しく知りたい、と思った方は

無料オンライン講座で

オンライン説明会の参加者を募集してます。

 

自分の強みを探し、

自分が作り出すビジネスを

デジタル化し、

自動的に販売出来る未来を

一緒に作りませんか?

 

こちらから、詳細をご確認頂き、

無料オンライン説明会にご参加ください。

 

more-or500

 

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です