ブログ 代表が「学んだこと」

ほんわか的ソーシャル社会の歩き方


ほんわか的ソーシャル社会の歩き方とは何か?

06

それは、

相手の欲しい情報

与える

与える

与える

ほんわか。

 これが、ほんわか的ソーシャル社会の歩き方です。

 

※ざっくりしすぎていますが、

あとで詳しくちゃんと説明するんでご安心下さい。

SNSの普及で、

実社会と、ソーシャル社会という 概念が生まれました。

 

ソーシャル社会で、自分が欲しい結果を得るために、

自分が言いたいことを言う、

好きなことを話す、

みんなでこうしようと呼びかける、

情熱的に自分の信念を伝える、

こういう人をたくさん見かけます。

 

実はこれでは、結果的にソーシャル社会で

欲しい結果を得ることが出来ない場合が多いです。

 

あまり知られていないですが実は、

ソーシャル社会では、欲しい結果を得るための明確なルールがありまして、

うまくこちら側の社会で活動していくためには、そこを必ず抑える必要があるんです。

 

弊社は、その部分をこの記事と

ほんわか的うっふぃ通信で

お伝えします。

 

最終的なゴールは、これを読んでくれているあなたが

そのルールを身につけて、ソーシャル社会の波を乗りこなし、

自分の周りを豊かにしながら、最終的には自分も豊かになれる

欲しい結果が得られる、というところです。

 

弊社は、実社会ではもちろん、

実社会と深く関わっている、ソーシャル社会でも

そんなほんわかな結末を目指します。

基本概念、wiify(うっふぃ)について

ほんわか的ソーシャル社会の歩き方は、WIIFY(うっふぃ)という

考え方に基づいている部分があり、その紹介を致します。

 

WIIFY(うっふぃ)は、

“What’s in it for you?”の略です。

WIIFY(うっふぃ)は、

「相手にとって何の役に立つのか?」という意味です。

 

 

つまり、WIIFY(うっふぃ)は聞き手に対するメリットのことで、

ほんわか的ソーシャル社会の歩き方は

このWIIFY(うっふぃ)という考え方を基本概念の参考としています。

 

 

難しいことはありません。

 

難しいことは嫌いな僕はWIIFYを、

うっふぃって言うことにしました。

 

最後に、ほんわか的ソーシャル社会の歩き方をお伝えします。

うっふぃの考え方にも沿っています。

 

それは、こうです。

 

ソーシャルでの情報発信は、人のためにする。

だから、信頼される

そして、信用される。

それが、蓄積される。

やがて、自分に返ってくる。

 

だって、SNSの目的は、

つながることにあるから。

 

つぶやき見たら、自分のことばかりな人。

思いやりのない発言をしてる人。

 

これじゃ人はほんわか出来ないんです。

 

弊社のモットーは、出会った人すべてに豊かさを。

豊かじゃないとほんわか出来ない。

 

ソーシャル社会で人をほんわかするには?

 

読者の欲しい情報を、

与える

与える

与える

ほんわか

です。

 

 

与える

与える

与える

ほんわか。

 

これが、ほんわか的ソーシャル社会の歩き方です。

コメント

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です